水素水をホットで飲みたい!電子レンジでサクッと温める?

料理などで水素水を使うと逃げてしまうので使えない。と言われていますが、それは長くガスなどで温めてしまうから。サクッと高温にできれば、大きくは逃げないですよね。そこで、温かいホットなお茶やコーヒーを飲みたい!そんなときはサクッと電子レンジを使ってみましょう。

水素水ホット

高温で水素は逃げてなくなる?

はなまるマーケットの中でも、料理で利用しても摂取したときの効果はなくなるとありましたが、実際に高温になったときの水素は、どのくらい水の中に溶解できているのでしょうか?

水素水の飽和溶解度は、大気圧、常温(20度)で約1.6ppmと言われています。これは、水1000gの中に、水素分子の量が0.00162g溶解することができるということですが、温度とともに変化してきます。

高温になると水素分子どのくらい残る?

一般的には、高温になると水分子の動きが活発になってきて、外に水素などの分子が水から飛び出しやすくなると言われています。

概算ですが、大気中で水1Lに溶ける水素の物質量を、0度を100%と考えると下図のように温度とともに低下してきます。

水素溶解度

この図から分かるように、80度になっても、水素水の溶解度がまったく無くなっている訳ではないということです。瞬間的に水素水を80度などに持ってくることができれば、ホットな水素水を利用できることになりますね。

瞬間的に80度のホットな水素水を作るには?

ガスコンロなどを使って、水素水を火を使って温めていると、どんどん水素は水の中から飛び出してきてしまいますから、やかんなどで温めないでください。そこで電子レンジを使ってみたい。
ちなみに、一般的な水素水は40度以下での利用を想定されているようです。

電子レンジ

決して沸騰させてはダメですよ!
500Wで2分とか、3分くらいまで温めた水素水を使ってみたい。
1分くらいでもかなりホットな水素水になっていると思うのですが、2分くらい掛けたくらいの温かさで使いたい気がしますね。

なお、決して水素が逃げていない訳ではありませんから、そこは間違えないでくださいね。

ナチュラ水素で美容女子?効果口コミ大特集

«  水素水をホットで飲みたい!電子レンジでサクッと温める? 

最新記事