水素水に遠く及ばない水素サプリメントばかり!ナチュラ水素は?

はなまるマーケットなどで取り上げられた水素水、いろいろな商品が登場してきたのですが、そんな水素水業界に激震が走ったのは、文春で取り上げられた商品名入りの水素溶存濃度データでした。ナチュラ水素が入っていないのですが、水素水と比較すると歴然とする水素サプリメントのレベルの低さ。

こんなわずかな水素で、体に効果があるとは思えない?

このデータには、太田教授のデータが使われていましたから、さらなる衝撃と呼んでもいいでしょう。

ナチュラ水素の話しに入る前に、水素水データの話しに戻すと、全体的に好結果を叩き出していたのは、アルミパウチを利用した商品です。

水素水なら、アルミパウチ商品を選んでおけば、間違いない?

と考えた方が良いかもしれませんね。
アルミ缶の商品も、好結果をだしているものもありましたが、やはりどうしても空気が入ってしまうので、そこで水素が抜けやすくなっているようです。
ウイスキーの古い高額な商品などでは、ヘリウムガスで置換したりするのですが、そこまで水素水製造の過程では力を入れていないのかもしれません。

それでは、ナチュラ水素に関しては、どうなのでしょうか?

他の水素サプリメントとは異なり、まともなサプリメントだと想定しています。
理由は2つです。

1.メーカーが製造しているものを、検査して管理している。
2.他の方がクロスチェックしている結果は、アルミパウチ商品より高濃度。

メーカーサイドでは、製造工程で作られたものを検査していると表明していますから、ロット検査などされているので、大丈夫だとは思いますが、クロスチェックをされている方がいます。

そこでは、他の水素水とくらべても、かなり高い数値を叩きだしているので、文春で問題視されているようなサプリメントとは異なることは間違いなさそうです。

ちなみに、文春の中で、太田教授が太鼓判を押されていた、「ナノ水素水KIYORABI(キヨラビ):0.9ppm」よりも高い値を出していますから、安心できますね。

なお、太田教授が測定した水素サプリメントで、好結果だったのは、「水の素」でした。「ナノ水素水KIYORABI(キヨラビ)」とほぼ同等ですね。

文春によると、この製造元のクリニックでは、下記の患者さんたちに、実際に処方されて、結果を出してきているそうです。
・パーキンソン病、糖尿病、生活習慣病


最新記事